大学独自のCBT英語スピーキングテストの 開発・実施・検証について(2015年1月9日)

国立大学法人京都工芸繊維大学(学長 古山正雄)は,株式会社イー・コミュニケーションズ,および,株式会社KJホールディングス(河合塾グループ)との共同研究により,CBT(computer-based test)方式の英語スピーキングテストシステムの開発に取り組んで参りましたが,今般,研究開発の総仕上げとして,本学1年次生全員(約700名)を対象とするテストを実施することになりました。大学が独自に開発したCBT方式の英語スピーキングテストを,学年全員を対象として実施するのは国内初めての試みです。

京都工芸繊維大学では,このテストの検証結果を踏まえ,来年度以降はスーパーグローバル大学創成事業の一環として,CBT型英語スピーキングテストを定期的に実施する予定です。また,その実績をもとに,2017年度の大学院入試,2019年度以降の学部入試への英語スピーキングテスト導入を目指します。

本取組みは,「国際語としての英語」運用能力を評価するテスト問題の開発とITや学力測定技術等の高度化にあわせたテスト実施システムの構築を目標とするものです。また,英語については,大学入試への外部テスト活用が奨励される中,国や各大学の主導でそれぞれのニーズに応じたテストを開発するというオルタナティブの可能性を探る試みでもあります。

テスト実施日時:2015年1月20日(火),21日(水),22日(木) 各日とも12時50分開始
会場:京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 情報科学センター演習室等

※テスト開始に先立ち,1月20日(火)11時より本部棟3F特別会議室において,報道各社の取材に応じます。また,12時50分からのテスト前の冒頭撮影とテスト終了後(13時30分 予定)の学生への取材も可能です。

<このニュースリリースに関するお問い合わせ先>
京都工芸繊維大学 言語・文化部門 羽藤由美
075-724-7263, hato@kit.ac.jp

テストの概要

テストの構成と配点

サンプルテスト

紹介動画

※プレスリリースPDF版

◆京都工芸繊維大学:21世紀の個性的な産業と文化を創出する「感性豊かな国際的工科系大学」を目指す。スーパーグローバル大学創成支援事業採択

◆株式会社イー・コミュニケーションズ:事業内容はインターネット上でのテストプラットフォーム構 築,CBT開発,企業内テスト教育インフラ提供等

◆株式会社KJホールディングス:総合教育事業を展開する河合塾グループの関係会社株式を保有管理する持株会社

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中