研究開発メンバーの全体ミーティングを行いました

2016年8月9日(火),本学にて,今年度末に本学で実施するCBT方式英語スピーキングテストと,京都工学院高校で実施しているビデオフォン(skype)方式の英語スピーキングテストに関するミーティングを行いました。ミーティングには羽藤由美教授を代表とする本学教員,立命館大学経済学部の清水裕子教授,島根大学 教学企画IR室の光永悠彦講師,研究アドバイザーのNic Underhill氏(元ケンブリッジ大学ESOL試験機構地域プロジェクトディレクター),本プロジェクトにシニアレーターとして参加しているGlen Edmonds氏らが参加。今後の研究方針に加えて,CBT方式スピーキングテストについては受験環境の公平性や採点の信頼性向上,ビデオフォン方式スピーキングテストについては,採点基準や採点方式の確立に向けた議論が交わされました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中