「日本テスト学会大会発表賞」を受賞しました

2016年9月9日に電気通信大学で開催された日本テスト学会第14回大会において,光永悠彦氏(島根大学教学企画IR室,講師)をリーダとする本プロジェクトのチームが発表した「大学・大学院入試に向けた英語スピーキングテストの尺度化事例ー受験者特性と評価者属性を考慮したモデルによる検討」が「第10回日本テスト学会大会発表賞」を受賞しました。

高校と大学において独自のスピーキングテストを開発・運営することにより,幅広い分野の研究に役立つ膨大なデータが目の前に蓄積されてゆきます。実践に時間をとられがちですが,これらのデータを日本の教育や測定・評価の研究に活かすべく,これまで以上に頑張ろうと,メンバー一同気持ちを新たにしました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中