プロジェクトメンバーの著書が刊行されます

本プロジェクトのメンバーである光永悠彦氏(島根大学教学企画IR室,講師)の著書『テストは何を測るのかー項目応答理論の考え方』が2017年2月20日(月)に刊行されます。

近年のテストで主流になりつつある項目応答理論 (Item Response Theory) の考え方が,実践例を交えながら分かりやすく解説されています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中