プロジェクトチームが開発したCBT英語スピーキングテストのシステムが, 京都工芸繊維大学のAO入試(2017年12月2日実施)で使われます

 

学生のニーズや教育とのつながりを考慮して,English as a Lingua Franca(共通語としての英語)の理念に基づくスピーキングテストを作りました。このテストでは,「21世紀型スキル」と言われる想像力,批判的思考力,問題発見・解決力,創造力などを要する課題(タスク)を,英語を使って達成する能力が測られます。

従来のテストでは,ネイティブスピーカーの英語(発音,文法,発話の流暢さなど)を基準として,受験者の英語がその基準にどれだけ近いかが測られます。しかし,このテストでは,その時点で使える語彙や文法を駆使して,どれだけ効果的に課題を達成できるかだけが測られます。

多様な英語がノン・ネイティブスピーカー同士で用いられることが多くなった今,学生たちに必要なのは,細かい発音を気にしたり,文法の間違いを恐れたりすることなく,堂々と,伝えたいことを伝え,達成すべき課題を達成しようとする姿勢です。学生たちは,英語の使用者(user)であり,学習者(learner)でもあります。意思伝達を重視する姿勢がなければ,使用者としてはもちろん,学習者としても成功することができません。教育との連携で,伝えようとする姿勢や伝えるためのストラテジーを育むためにこのテストを作りました。

テストの目的に合わせて策定した採点基準や採点方法は,テスト理論や採点者からのフィードバックに基づく検証と改善を繰り返しています。同時に開発したコンピュータ方式のテスト実施システムやオンラインの採点システムについては,回を重ねたパイロットテストや学内の定期実施(2014年度より600名規模で実施)を通して,入試導入の実現可能性を検討しました。

ごく小規模ではありますが,AO入試への導入にこぎつけるまでに5年かかりました。

大学法人の理解と,SGU事業予算や科研費(基盤(C)25370713, (B)16H03448)の助成があったからこそ,実践に根ざした研究や検証を,企業にはできない角度から進めることができました。

プロジェクトの半ばで,志を共にしてきたアカデミック・アドバイザーのNic Underhillを失うという悲しい出来事がありました。そのほかにも大小の障害に何度もぶつかりましたが,そのたびに幸運な出逢いに恵まれ,心ある方に支えていただいて,何とかここまで来ることができました。

お名前をあげることは差し控えますが,お力添えをくださった皆さまに,心よりお礼を申し上げます。

ライティングテストのCBTシステムも本年3月までに完成しています。しかし,入試に使うかどうかは白紙の状態です。入力方法,辞書機能や予測変換の利用など,研究課題もたくさんあります。これから時間をかけて,入試導入の実現可能性を検証し,必要な改善をしていきます。通過点として,まずは学内で安定した運営ができるようになることを目指します。

2020年度から始まる予定の「共通テスト」についても,学術的な理論に基づく検討や現実に則した検証が慎重に行われることに期待します。

たった45秒の音声回答でも,何をどう測るか(評価観点,採点基準,採点方法)で,スコアは大きく異なります。今回の英語入試改革については,どのようなテストをどう用いることが,現場の教育を助け,生徒の能力向上につながるかがが十分に議論されていないように思われます。

この件に関するプレスリリースはこちらから。スピーキングテストの「概要」や「サンプルテスト(動画および紙バージョン)」,同時に行うライティングテストの概要などはこちらから。スピーキングテストのテストスペックはこちらから。

広告

メディアでの紹介

産経新聞(2013年10月16日付)に,スピーキングテストに関する本学の取り組みが紹介されました。大学入試への英語スピーキングテスト導入,および,スピーキングテストの実施システム構築の必要性・緊急性が浮き彫りになっています。

記事はこちら(産経新聞 2013年10月16日付)