英語スピーキングテストの入試導入は段階的に!

プロジェクトリーダー羽藤由美教授のコラム「定期テストから入試へ:高・大をつなぐスピーキングテスト開発の現場から」が,大修館書店「英語教育」2016年12月号(36頁)に掲載されました。(以下抜粋)

「テストというだけで権威とみなしてはいけない。話す能力に点数をつけることの危うさを前提として,外部テストの品質検証や得点利用の方法が今後,慎重かつ公正に検討されることを願いたい」

「入試にスピーキングテストを導入すれば,合格者の入れ替わりが必然的に起こる。それを肯定できる教育ができているか。現行の教育では十分に育たない能力を入試で試してよいのか」

「教育を変えるために入試を変えるのは,そもそも本末転倒である。時期とのかね合いもあるが,中→高→大,定期テスト→入試と段階的にスピーキングテストを導入する道もあるはずだ」

スピーキングテストを開発・運営した実績に基づく提案です。字数の関係でコラムに書けなかった詳細は,羽藤教授の個人サイトをご覧ください。

CBT方式英語スピーキングテストのパイロットテストを実施しました

2016年10月27日(木),本学情報科学センター演習室にて,毎年1年次生全員を対象に実施しているCBT方式英語スピーキングテストの性能向上を目的としたパイロットテストを実施しました。テストは3回に分けて行われ,学部生と大学院生計34名が被験者として参加しました。img_9812

研究開発メンバーの全体ミーティングを行いました

2016年8月9日(火),本学にて,今年度末に本学で実施するCBT方式英語スピーキングテストと,京都工学院高校で実施しているビデオフォン(skype)方式の英語スピーキングテストに関するミーティングを行いました。ミーティングには羽藤由美教授を代表とする本学教員,立命館大学経済学部の清水裕子教授,島根大学 教学企画IR室の光永悠彦講師,研究アドバイザーのNic Underhill氏(元ケンブリッジ大学ESOL試験機構地域プロジェクトディレクター),本プロジェクトにシニアレーターとして参加しているGlen Edmonds氏らが参加。今後の研究方針に加えて,CBT方式スピーキングテストについては受験環境の公平性や採点の信頼性向上,ビデオフォン方式スピーキングテストについては,採点基準や採点方式の確立に向けた議論が交わされました。

ビデオフォン方式の英語スピーキングテストのパイロットテストを実施しました

2016年6月13日(月),京都市立京都工学院高校にて,ビデオフォン方式の英語スピーキングテストのパイロットテストを実施しました。テストは本番と同様の環境で行われ,工繊大の学部生12名が被験者として参加しました。また,テスト終了後,京都工学院高校の英語教員と,テストの内容や進行等について打ち合わせを行いました。

ビデオフォン方式の英語スピーキングテストに関するミーティングを行いました

2016年6月4日(土),本学にて,京都工学院高校で実施するビデオフォン方式の英語スピーキングテストに関するミーティングを行いました。ミーティングには本学教員,立命館大学の清水氏が参加し,テストの内容や進行,生徒さんに実施するアンケート等について議論しました。

ビデオフォン方式の英語スピーキングテストに関するミーティングを行いました

2016年5月30日(月),本学にて,京都工学院高校で実施するビデオフォン方式の英語スピーキングテストに関するミーティングを行いました。ミーティングには本学教員,QQイングリッシュのフィリピン人講師と日本人スタッフが参加し,テストの内容や進行,インタビュアートレーニング等について議論しました。

ビデオフォン方式の英語スピーキングテストに関するミーティングを行いました

2016年5月21日(土),本学にて,京都工学院高校で実施するビデオフォン方式の英語スピーキングテストに関するミーティングを行いました。ミーティングには本学教員,立命館大学の清水氏,島根大学の光永氏が参加し,テストの内容や進行,評価方法,インタビュアートレーニングの手順や方法,生徒さんに実施するアンケート等について議論しました。