中学・高校におけるテレビ電話方式スピーキングテスト開発について

京都工芸繊維大学は、独自のCBT(Computer-Based Test)を開発し,学内で定期実施することにより,大学院や学部入試への英語スピーキングテスト導入の早期実現を目指しています。このたび、その実績(テストデザイン,採点の標準設定,採点者トレーニング,フィードバックの方法等に関するノウハウ)を活かして,生徒とフィリピン・セブ島の面接官をSkype(スカイプ)で結ぶ対面式の英語スピーキングテストのシステムを開発しました。

最初のテストは,京都市立京都工学院高校において一年生が履修する科目「英語表現 Ⅰ」の学期末考査としてデザインしました。2016年7月4日(月)には一学期末考査の一環として2クラス(計58名)の生徒がこのテストをパイロット受験し,2016年11月28日(月)の二学期末考査より本格的に導入しました。

プロジェクトの背景
過去3年あまり,京都工繊大において,入試導入を目指して英語スピーキングテストの開発・運営を進めてきましたが,その過程で実現に向けたいくつかの課題が浮かび上がってきました。なかでも最も大きな問題は,学生たちの準備が整っていないことです。開発したCBTスピーキングテストを受験した直後のアンケート調査では,70%以上の学生が「自分のスピーキング力が適切に測られたと感じる」「向上への意欲が湧いた」「学内での定期実施を歓迎する」等,テストの内容や学内での定期実施に関して肯定的な回答をしてきます。その一方で,大学院の入試に同様のテストを導入することに関しては,「死ぬ!」「つらい!」「やめて!」「途方に暮れる」「他大学の大学院を受験する」等,不安や拒絶感を露わにする声が圧倒的です。また,「話すための教育を受けていない」「対策法が分からない」「練習の機会がない」といった抗議の声も並びます。

近頃は,京都工繊大はもちろん,中学や高校でもバランスの取れた4技能育成を目指して,スピーキング指導にも力を入れています。しかし,実際にスピーキング能力が伸びる指導が行われているかという点には大きな疑問が残ります。また,多くの学生はスピーキングテストというもの自体を受けたことがありません。そういう現実を直視することなく,大学院の入試に突然スピーキングテストが導入されるとなると,学生たちが戸惑うのは当然です。授業を担当する教員の側もスピーキング指導に慣れていなければ,安直なテスト対策として,発音指導や発話中の文法的誤りを減らす訓練などに力が入ってしまうことでしょう。それでは,学生のスピーキング能力の向上は望めず,スピーキングテストの入試導入に寄せられる期待に応えることはできません。

リーディングやライティングと同じようにスピーキングに関しても,「日常的な指導→学習成果を測る定期的なテスト」というサイクルの延長線上に入試が来るのが理想です。そのために何ができるかを検討した結果,一つの可能性としてこのプロジェクトを進めることになりました。

※本事業は,フィリピンに拠点を置いてスカイプ英会話レッスンを提供するQQ Englishとの共同研究として進めています。また,平成28年度科学研究費基盤研究(B)「入学試験や定期考査に利用できる英語スピーキングテストシステム構築のための指針策定」(課題番号16H03448)の助成を受けています。

2017年度

一学期末考査(2017年6月26日実施)

2016年度

一学期末考査(2016年7月4日実施)

二学期末考査(2016年11月28日実施)

三学期末考査(2017年2月6日実施)

広告